おひとりさま漫画家ですが何か。

すきま漫画家かずはしともの 食べて飲んで寝てちょっぴり仕事の日常

カテゴリ:おひとりさまの日々 > その他

(…セルフイメージの対義語って何なんでしょうね?調べたけどわからず)
ともあれ、セルフイメージのお話です。

●私ってどんな人?

自分がイメージしている自分と、他人から見たイメージのギャップをどう知るか。
以前アシスタント先でやった面白い遊びです。

今は漫画家の仕事は在宅でスカイプを使ってのデジタルアシスタントさん等も増えましたが、以前は机を並べて複数人で仕事が普通でした。
私語を慎まなければいけない静かな現場もありますが、私自身の仕事場や私がアシに行っていたところは、仕事さえきちんとしていれば会話OK。
雑談だったり眠気覚ましの怪談だったり大喜利だったり、話す内容はさまざまです。
中でも楽しかった、隔週女性誌でコメディを描かれていた某先生の仕事場は私を含めてアシスタントが5人、プラス先生。
この先生がおっとり品良く優しいのにジョークがブラックな人なのです。

その先生が思いついた「××さんは○○にたとえると●●」というイメージゲーム。
ゲームとは言っても、メンバーが他5人のイメージを項目ごとに紙に書いて集めて集計、発表するだけの物です。

でもこれってあまりカドが立たずに、セルフイメージと他人から見たイメージのギャップを比べられるんです。
項目はたとえばAさんを
「野菜にたとえると」…ピーマン。
ほか、
「自動車にたとえると」
「色にたとえると」
「フルーツにたとえると」
「パンにたとえると」
「電気製品にたとえると」
「時代にたとえると」…
と続きます。

●野菜なら玉ねぎ?
 
私に関して言えば、他の5人から見て
「野菜にたとえると」玉ねぎ・じゃがいも・里芋…な感じ。5個まとめて袋入りみたいな(笑)?
「フルーツにたとえると」温州みかんと書いた人が複数人、
「パンにたとえると」バターロールが何人か、
「自動車にたとえると」スバル360が複数、
「色にたとえると」黄色系が多く、
「電気製品にたとえると」(…失念)
「時代にたとえると」江戸元禄といった具合。
これだけで直接お会いしたことが無いかたにも人となりをイメージして頂けそうですね。
ちっちゃい庶民派…!
(ちなみにセルフイメージと他者イメージのギャップは全く無かったです)

先生は
「野菜にたとえると」白菜・キャベツ・大根
「フルーツにたとえると」メロン・桃
「パンにたとえると」食パン
「自動車にたとえると」バス
「色にたとえると」白・ピンク
「電気製品にたとえると」冷蔵庫
「時代にたとえると」平安時代
…どんな人だか想像できますよね?

私は同僚のBさんの「野菜にたとえると」にエシャロットと書いたんですが、
同僚「エシャロットってなに?」
私「えーと…ラッキョウみたいな…?」
同僚「ラッキョウ!?…私のことラッキョウだと思ってたんだ…そーか…どうせラッキョウ…」
私「パンはクロワッサンだしフルーツはレモンって書いたってばー」
仕事では華麗なタッチ、さらに本人はシュッとした細身で色白、切れ長目の美人だったんですよ。うん。
エシャロット、ぴりっと辛いけど大好きです。

●怖い体験とは?

「ホラー漫画描いてる人って霊とか寄ってこない?」
と問われたことがあります。
残念ながらその手のモノには遭遇したことはありません…たぶん。
強度の近視なので、裸眼の時にそのへんにいても見逃すかもしれない。逆にそれでも見えたらきっと本物でしょう。

遊園地のお化け屋敷は結構好きです。ライドタイプのには率先して入ります(自分で歩くタイプはちょっと怖いけど!)。

…が。
絶叫マシンはだめです。
おとなしめのジェットコースターなら乗れますが、最近ほとんどが「絶叫系」じゃないですか。
だいたいが高所恐怖症なんです。高いとこから凄いスピードで落とされるってなんだよ。とんでもねえ。

その高所恐怖症も、ずっと自覚してなかったのにオトナになってから気づいたホンモノです。
むしろ「高いところは気持ち良くて好き」…くらいには思っていたのに。

ある時、友人グループで横浜を観光し、マリンタワーに登ろうということになったのです。
一番上まで徒歩で登ると記念品がもらえるというもの。
張り切った私はチケットを買い、先頭を切って階段へ…。
そこまでは良かった。

登り始めた吹きっさらしの外階段で私の足は止まらなくなりました。 

恐怖でひたすら目の前の一段しか見ていられなくて、眼下に広がる海や山下公園やアーケードにたむろする豆粒のような観光客たち…を見ないように見ないように、早く終わらせたくてずんずん登るしかなくて。
下の方から「もっとゆっくり〜」と友人たちの悲鳴が…そんな心の余裕、ないよ!!

てっぺんで記念品のマリンタワー定規を手にした時はもう2度と登るもんかと心に誓っていました。

で、自覚したんです。高所恐怖症
高いところへ行くと「足の裏がみんみん」します。
高層ビルの上階などでガラスが一枚あれば下が見えても割と平気。でも外気に触れているとたったの3階の高さでも恐ろしい。

●「怖いマンガ」のお仕事

ところが残念なことに「なんでも漫画家」の仕事はルポものなんかもありまして…。
Yランドの名物コースター「B」、富士山のふもとFHランドの巨大コースター「F」…ええ、仕事で乗りましたとも(泣)

「F」は先頭車両の最前列に乗せられるというのを嘆願して2列目にしてもらい(最前は編集さん)、ずっと下を向いて安全バーを両腕でがっちり抱えていました。周りなんか見ちゃいません。
最大落差70m、最高時速130km、戦慄の3分36秒間。
どうにかやり遂げましたが、風景を見ていないのでGがかかる方向が予測できず、両腕・両腿の内側は翌日青あざだらけでした…。
プレスの腕章つけてるから特等席だったのに…ごめんなさい並んでいたお客様たち。
でも私、1万円もらってももうコレには乗りたくない。

…そして時は過ぎ、数年前。
私は絶叫マシン好きの友人と久しぶりにFHランドに遊びに行きました。
懐かしの「F」はいまだに不動の人気。
新顔の楽しげなアトラクションもいろいろ増えています。
で、
「あれは昔のことだしぃ、もう乗れるようになってるんじゃないかな?」
と考えた私は、取材当時にはまだ無かった絶叫マシン「E」に乗ってみました。
背中からハーネスでわしっと掴まれて振り回される系の、足が地に着いてないコースター。

…もう、3万円くれると言っても一生絶叫マシンには乗りません。


(5万円なら考えます)

●中肉中背

健康体重・BMI判定ともに平均ど真ん中なのですが、体脂肪率は恥ずかしながらかなり多め。

とはいえどこも体調は悪くないので特に対策もせずのほほんとしてたんですが、先日定期通院(片頭痛持ちなんです)の際、薬局の待ち時間に無料健康チェックを受けたら。血管の弾力の危険度が実年齢よりかなり上ですと!
ということはつまりその、コレステロールがプラークになって血管の内側に付着し始めてるってことっすか!
よくネットのサプリメント広告とかで断面の図解が流れてくるヤツっすか!

なにしろおひとり様、万一血管が破れて1人で動けない状態になっても力を借りる子や孫はおりませんので自己防衛しないといけません。

30代から自由業ゆえ体が資本…と毎年人間ドックに入ってきました。
そしてちょい太めと言われたら脂質や糖質を控えてダイエット、腎臓で注意を受ければ水分を多めに摂って事なきを得てきました。それなのになんで血管に脂肪が溜まる?何もしてないのに〜?

…同年代の友人曰く「何もしないから太るんだよ。年取ると何もしないでいると太るの!」
はい名言頂きました〜。
 
血管に脂肪が溜まると言うことは、まあ、隠れ肥満なわけで。というか体脂肪率はとっくに「肥満」を指してる訳で。
そうか…健康や減量に対するアプローチはいろいろやってきたけど…
いよいよ…いよいよ最後の砦、今まで避けて通ってきたアレ…
「う ん ど う」
をしないといけないのか…。

●早朝ゆる運動 

食べるの我慢とかは平気だけど、運動は苦手。胸を張って苦手。

かと言って、日頃ぐうたらしている人間がいきなりジョギングとかすると膝を痛めます。
ここは続けることを第一に、ウォーキング。
呼吸と姿勢を意識しながら近所をぐるっと約45分。普段の歩きが結構速いんですが、さらに少し加速。
朝の空気はそこそこ涼しいけれど、次第に汗ばんでいきます。
食事中の野鳥(実家近くの鳥の鳴き声の豊富さと言ったら!)を眺め、花や木の匂いを深呼吸。
…蚊に食われるのが玉に瑕。

歩きながら気がついたんですが、早朝ウォーキングのほとんどは高齢のかたのようです。
4時台に多いのは男性1人か、プラス犬。
5時台にはご夫婦。
そして6時台には女性2人組かグループが追加されていく感じ。
ついでに公園でラジオ体操しているみたい。
女性1人、男性の2人組やグループはあまりおらず…あ、いや欧米人ジョガーのお兄さんたちはみかけましたな。

男性は黙々と歩きたくて、女性はコミュニケーション目的なのかもしれない。
そして私は夏も近づき、UV対策も考えて夜明け前に家を出ることにしました。
いま4時半にもう太陽が上っているから、8月とかになったら3時起きかもしかして…!?

帰宅して水飲んで熱いシャワーを浴びると気分すっきり。
朝ご飯を食べて、コーヒーを淹れて、こうしてブログを書けるわけです。

しかしなあ、歩いてるせいかご飯が美味しくてね…。
そして夕飯のあと眠くてほとんど起きていられず、ゴールデンタイムのテレビ番組とか見られずに早々に眠ってしまうんです。
食べてすぐ寝ちゃだめじゃん!
…はい、2kg太りました。

次の通院の日、果たして私の体脂肪と血管はどうなっているのでしょうか?

●梅雨時は憂鬱

この季節、髪が決まらなくて悩む人は多いんじゃないでしょうか。
特に天パだと湿気でウェーブが出過ぎたり爆発状態になったり、コントロール利かなくて。

私は「ど」天然パーマです。
10歳くらいまでサラッサラでヘアピンも滑り落ちるようなつやつやストレートだったんですが、小学校4年あたりを境目にぐるぐるしてきまして、5年生の頃には手櫛でかき上げるとほぼアフロヘア、6年生では「らーめん」中学では「スズメの巣」と二つ名を頂戴する立派な天パ(お、韻を踏んでる)になりました。

その頃1000km以上離れた土地へ引っ越したので、環境が変わった精神的ストレスが原因じゃないかという話もありましたが、本当のところは遺伝的なものなんでしょうね。
欧米の人でも、幼い頃は金髪なのに成長と共にブルネットに変化…というのはよく見かけますし。
現に私の父親は剛毛のくせっ毛でした。昔の男性は伸ばさないから天パの弊害はあまり感じないと見た。

少女マンガなどで見かける天パはくるくると可愛く描かれていて「それは個性よ」なんて前向きな美しいオチになったりするんですが、現実はそう甘くはない。
剛毛で毛量多くて天然パーマなんて10代の乙女には解けない遺伝子の呪いでしかありません。
時代的にブロウなんてものも一般的ではない。
近所のおばさんにまで「可哀想に…リンス(当時まだコンディショナーなんて洒落た物はない)は流さないでそのままにしなさいよ」とか言われちゃったり。

乙女が悩んだ末の苦肉の策は… 

策は…!!
続きを読む

SNS全盛の時代に今さらですが、初ブログです。

2016年秋にそれまで15年ほど続いたホームページをプロバイダの都合で終了させまして、引っ越し先を探していたんですが、何しろマカーなもので私でも使えそうなホームページ制作ソフトは現在ほぼ無いに等しく。
改めてブログで仕切り直すことにいたしました。
日々気づいたことや仕事の話なんかを書いていけたらと思います。
おおむね食べ物の話ばかりになることでしょう(予言) 。

引っ越しに際し以前のホームページはまるっとDLしましたので、そのうち何かの形でアーカイブ作れたらと思います。 
懐かしのPageMillで作ったんですよね。PageMill。
もはやWikiにも項目ない(笑)。
当時の仕事のシナリオもPagemillで書いてたんですが、保存形式がガラパゴスなのでもはや一筋縄では読めません。

旧ホームページは2001〜2010年くらいの仕事情報がまめに更新してあって手前味噌ながら感心しました。
かなり忙しかったはずなのに。いや、忙しかったからペースが作れたのか。
マシンはボンダイブルーMacG3タワーでしたので、何をするにも時間かかったんじゃないだろうか?というか整理のためにこのたび起ち上げたら遅かったよ…。
しかしながら体感イライラ度はCore2Duoと大して変わらないのは、G3さんの筐体の可愛さ故許せちゃうのでしょうか…?

G3を使っていた頃のカラーページなどの画像データはMOディスクに保存してあります。
容量は1枚164MBとか230MBとかしかないんですが、むしろ作品タイトルごとに整理できるのは悪くない。
CD・DVD・BDなどのお皿系メディアは傷や汚れや光に弱いし、USBメモリなんかは抜き差しや電源関係ですぐ壊れます。でもMOの磁気のお皿は堅牢なプラケースにがっちり包まれてどこ触っても指紋付いても平気だし、MOドライブもトラブルなんか滅多に起きない。
何より、かれこれ10〜20年近くになろうというのにまったくデータの破損がないことに感動です。(場所は取りますが!)

ところでMOからデータを取り出すときはG3を起ち上げて、G3につないだMOドライブからデータを取り出してUSBメモリに移すんですが、うっかりG3のUSBハブに32GBのメモリを差し込んでしまいまして。
…このマシンのメモリ64MB、HDは6GBしか無かったんじゃあ…?おまけにOSは9.2。
大丈夫か?最悪メモリの中に入ってる他のデータが壊れちゃったり?やばい!

G3さんはしばーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーらく困惑したのち、ちゃんとUSBメモリを認識してくれました。
えらいぞ!こいつう、やっぱり可愛いヤツ。

そんなわけで、これから宜しくお願いいたします。

↑このページのトップヘ