●トマトが好きです。

美味しいし、洗っただけで食べられてビタミンAとかCとかいろいろ摂れそう(不確か)だし。
野菜は全般好きですが、洗ったり剥いたり切ったりが面倒なのでなるべく少ない手順で済むヤツが出番が多くなります。仮にフルーツだったらバナナとかイチゴとか、ふた手間くらいで食べられるもの。
書いてて思ったけど包丁を出すのが面倒くさいんだな、きっと。
…ちなみに料理することそのものは好きです。
その昔、男子の友人に「料理上手いけど得意じゃないよね」と名言を頂きました。
ズバリだよ。

閑話休題。

●よし、育てよう。


生まれて初めてトマトを育ててます。
トマトくらい買えばいいじゃないかという話ですが、現在私は後期高齢者で1人暮らしの母の住まいと自分の住まいの二重生活をしておりまして、その母の家の近所に商店という物がないのであります。
そして、母は戦中戦後に育ったくせして食品の好き嫌いが多くてトマトもそのひとつ。
彼女はきゅうりも茄子もかぼちゃも魚もスイカもメロンも桃もバナナもさくらんぼも粒あんもクッキーも嫌い。にんじんもセロリも玉ねぎもそんなに好きじゃない。
食べ物のない時代、手に入っても食べなかったというんだから徹底してます(ばち当たりそう)。

で、トマトやきゅうりは買い置きしても私が不在の時は食べないので傷むとロスが出るし、食べたくなっても電車に乗らないと手に入らない。
なので作っちゃうことにしたんです。
家庭菜園やベランダ菜園は多くのかたがやってるし、簡単なんじゃない?
百均で種も土もプランターも売ってるし、ひと夏分のトマトが採れたらお得じゃないですか。

と、気軽に種をプラ皿に蒔いたら20個近くも芽が出ましたが、素人なので間引く度胸がない。

保険だぜとプランターと土を追加購入。
この時点で初期投資はトマト10個分くらいの出費です。
母の庭と自分の家とでそれぞれ土を入れたプランターに苗を植え、植えきれないぶんはペットボトルで水耕栽培にしました。
でも1階の地面である母の庭は、うちのベランダより虫がついてしまうかも…とちょっと心配。

…ところが、差がついたのは別の要素ででした。
同じように肥料をやっても土の方が水栽培よりたくましく育ちはするんですが、それより何より太陽の恵みがモノを言う。
母の庭と私の家では日照時間が違うのです。
私の家は東と西にベランダがあるので、フルに日光を当てるにはプランターを持って大移動しないといけないのです。

●種を蒔いて2ヶ月経過

母宅のトマト苗の丈は私のベランダの物のゆうに5倍になりました…!
まあ、母の家にいる時食べたいんだからこれでいいのか。
花も付き始めたので来月には食べられるかな? 

そう言えば、母はもともと花壇を作っている「緑の指」の持ち主で、私はサボテンをも枯らす「茶色い指」だったっけ…。

で、育った苗はいま1mを超えて支柱とか買い足し、もうトマト30個ぶん近くの投資になってます…ええと、いつもひと夏でトマト何個食べたっけ…。 
スポンサードリンク