おひとりさま漫画家ですが何か。

すきま漫画家かずはしともの 食べて飲んで寝てちょっぴり仕事の日常

2017年07月

●本を減らしたい!

先日のマンション一斉消防点検で、部屋の散らかりっぷりを反省したわたくし。
次回までには人に上がってもらえる部屋にしなければ。

その第一歩は、物を減らすこと。
そしていちばん場所を取っているのが…本。

漫画を描いていると資料の本なども溜まりますが、勢いよく増えていくのは、やっぱり掲載雑誌の献本です。通常は自分が載っていない号も送られて来ます。

ですから複数の雑誌で描かせて頂いていると、A5判で5センチ厚(大人の女性向け月刊誌にはこのサイズが多いです)の雑誌が毎月毎月溜まっていくわけです。
うちへ頂くのはだいたい毎月4冊、隔月2〜3冊、季刊2冊のペースでした。それに増刊号なども加わります。

なので、あとで読もう…などと保留にしておいたらまたたく間に6畳間が1部屋占拠され、ベランダの物置を埋め、靴箱を占め、廊下のサイドに積み上がりました…。

服は躊躇なく棄てられても、本はなかなか棄てられないのがヲタクの性。

資料はムックとか図鑑とかDVDが多いのでお金もそこそこかかっている、かつまた使う可能性も有り。
とにかく雑誌から片付けよう。

次々ひもで縛ってリサイクルごみへ…自分が載っている物はそこだけ切り抜いて…。
しかし。
中にはまるごと残しておきたいのもあるんです…ほら、雑誌って1冊でまるっとその時代の文化というか空気、あるじゃないですか。

今さら御存じないかたも少ないと思いますが、この場合の「自炊」とは本をバラして専用のスキャナで取り込みデータ化することです。
俗に、「データを自ら吸い込む」ことから「自炊」と呼ばれるようになったとか。
ちなみにスキャンデータはあくまで自分が個人で楽しむためのアーカイブです。

●自炊の道具を手に入れよう

早速ネットでレンタルショップを調べました。
見つけたところは「自炊セット(ドキュメントスキャナ+大型裁断機)」8泊9日で8,980円、31泊32日で10,480円(ともに税込み・送料込み)。

レンタルにしたのは、そうしょっちゅう使うものでもないし、保管場所に困りそうだから。
漫画雑誌を裁断できる裁断機って本当に大きくて重くてかさばるんです。
1ヶ月と長期にしたのは、メカ音痴の自分が手間取った時のため。
割安感もありますし。

ショップのサイトで見ると、コンパクトな裁断機の自炊セットは一般に人気なようで順番待ちだったんですが、大きな裁断機と1ヶ月という長期レンタルのセットは空いているよう。
オンラインで申し込みして、10日ほどで大きなダンボール箱が届きました。

さあ、いよいよ初自炊!(続く)

オクやネットフリマ使ってますか?

私は結構使っています。


もともと、仕事上で使う資料本が絶版になっていたのを探したりだったんですけれど、時々他にも利用します。趣味のグッズとか、古着とか。
「大丈夫?」と思う方もいると思います。
知人などは「知らない人の古着とか気持ち悪い…」(これはネットじゃない古着屋さんでも同じですが)と言いますし、それはそれぞれの意識なので、特におすすめするつもりもありません。

今まで何十回もオクを使いましたが、嫌なめにあったことはありません。トラブルも一度もありません。世の中、自分が思っていたより性善説でいいのかなと思います。

あれれ、と思ったのは2回だけ。
人形用のスニーカーを買ったら、両方とも左足用だったこと。先方は気付かなかったのか、わざと表記しなかったのか、これは不明のまま。

それと、今回のことでした。


黒いカーディガン


それはまだ冬のこと…たまたま見ていたオークション画面で、好きなブランドの
古着のサマーカーディガンをみつけました。ゆったりして、少しだけラメが入った黒のレース。
落札して、速やかに入金して品物も届き、滞りなくお取引完了。
入れられていたビニール袋から出してさっとはおって、うん、サイズもOK。
そしてまた袋に戻してしまいました。

そして先日、
取り出して着て出かけ…しばらくして嗅ぎ慣れない匂いに気付きました。
汗?…いや、私はもう加齢臭のお年頃か?
帰宅して脱いでみたらカーディガンだけが匂う。そしてそれはアポクリン腺の匂いというものらしいんです。

…お洗濯してから売って…

と思いましたが、なんと。
洗っても消えません。
ネットで調べて酸素系漂白剤に浸けてから再度洗濯しましたが…手強い。

上記を2度繰り返し、日光に当てて干しても半分くらいにしかなりません。
洗剤の香料に打ち消されたと思いきや、乾くと勝っています。
黒なので、匂いに効きめがありそうな塩素系漂白剤は使えません。
食器用の60%エタノールを噴霧してみましたが、それでも消えません。


解決方法!

40℃のお湯に溶かした重曹でもみ洗いするといい…との情報をみつけたので、試してみました。
小さじ2杯の重曹に、お湯400cc。
温度を測るのが面倒なので、沸騰したお湯200ccと水200ccを混ぜて少し待って、手を入れられる温度にしてから重曹を加えてカーディガンを浸けます。

すると…お湯から、件の匂いが強めに立ち上りました。
お…今までこんなことはなかったぞ。

匂いの元が溶け出したのかも。
重曹、有効みたい
なんでも匂いの元である、繊維に染みこんだ酸と、重曹のアルカリが反応して中和して消臭につながるらしい。ちなみに反応で生まれるのは二酸化炭素だそうです。

何度も洗濯しているのに、少しお湯に色がつきました。カーディガンが白だったらしみがついていたのかも…
5回くらいお湯と重曹を入れ替えて洗い、しまいには直接重曹の粉と熱湯かけて揉み洗い…高級な服だったら風合いがだめになるかもしれないのでおすすめしませんが(^_^;)

でも、匂いは完璧に消えました!
そんなわけでアポクリン腺の汗に重曹、とても有効です。
今回みたいに時間をおかずにそのたびに重曹液で洗えばいいんじゃないかな。

しかし、ネットオークションで匂いまではわからないよなあ…

でもこれからも私はオク、やめないと思います。
市場にまわらない、昔ながらの美味しいすっぱい無農薬夏みかんとか。
古い外国の馬車のフィギュアとか。
あったかいアウターとか。
良い物いっぱい手に入れましたから。

●来ました…今年もその日が。

マンションには、年に何回か赤の他人があがりこんで来る日があります。
夏冬2回の消防設備点検、1回の排水管清掃、ケーブルテレビの電波チェックなど。

ことに消防点検は全部の部屋に立ち入るのです。
各部屋の天井の火災報知器チェックと、ベランダへ出て脱出設備(はしご!)の点検までが1セット。

…いつも思うんですが、みなさん平気なんでしょうか(^_^;)
いや、点検が必要なことなのはわかっているんですが…
他人が上がることには抵抗はないんですが…(あちらも好きでやってる訳じゃないですし)

…お部屋、いつでも他人様を上げられる状態だということでしょうか?

掃除がヘタクソです。
有名な収納名人の片付け本のイラストを何冊か担当しているにもかかわらず。
そう言ったら名人は笑って言いました。
「私も片付けが下手くそなのよ。だから『使ったその手で片付ける』を心がけたの。それだけなのよ」

それを聞いた担当編集氏(主婦)と私は同時に思いました。
「それが出来ないから苦労してるんです…!」

それでも、月イチでアシスタントさんに来て頂いていた頃は毎回6時間かけて掃除していました。
でも今は仕事はデジタル。アシさんは電波の向こうで仕事をしてくださるわけで。
何ヶ月も人が訪れない家には拍車がかかった汚部屋が構築されます…。

あ、汚部屋と言ってもTVに出てくるようなカップラーメンのカップとか飲み終わったペットボトルなどはありませんよ。
主役はだいたい紙モノ…
本棚に入りきらない本や資料。
原稿やコピーやメモ。
書類や手紙などの郵便物。

これらはもう、自宅の収納キャパを超えていて行き場がないわけで…。

掃除がヘタと言ってしまいましたが、厳密に言うと「掃除」と「片付け」は違います。
ほこりやゴミを除去して清潔を保つのが「掃除」。 
断捨離は「片付け」。不要必要の区別をして始末する、それ相応の時間がかかります。
わかってるんです。それが日頃から出来てないのがヘタクソ人間たる所以。

しかし今は。
今はそんな時間は無い。「掃除」するだけで人を上げられるための部屋にしなくてはいけないのです…!

●そうだ、隠そう。

いわゆる汚い物ではないですが、カタギの人には見られたくない紙物の山。下絵だったり資料(ラブシーン用の写真集とかポーズ集とか)だったり。デッサン用の素体だったり。
それも各部屋の隅にミカン箱4つ分くらいの質量で2、3カ所積み上がっている。
…隠したい。出来たら自分の職業ごと隠したい。

私は百均でタタミ2畳分のビニールシートをたくさん買ってきて、その山を覆いました。
よし、これでなんとか隠せた。

…長さ1.8m、幅1mの青いビニールシートがかけられたスペースが点在するマンションの部屋…それはまるで、●●●●現場のような光景でした。チョークで囲んで番号札とか置けばより完璧でしょう(TωT)

次回の消防点検までには断捨離しよう…。

●巻き爪ってなんだ!?

数年前から急に足の両親指が巻き爪気味になりました。
爪カーブのアールがきつくなって、両端が抱えこむように肉に食い込んでいくアレですね。

ネットで調べたら原因は「急激に体重が増えた」「急に運動してつま先に重心がかかった」あたりが多いらしいんですが、どちらも全く心当たりはありません。
ともかく、爪両端の食い込み部分が痛い!傷になって時折リンパ液なども滲んでます。

近所の整形外科医院へ行ってみました。
しかし医師の指導は、5〜6センチほどの長さに切ったテーピングテープの端を爪の脇の皮膚に貼って、引っ張って指の後ろを斜めに通して反対側の端を指付け根の表側に貼り付けて留める、というもの。これを爪の左右2枚貼って指の腹側でXに交差させます。
爪よりも肉を引っ張って食い込みを軽減しようという訳です。
対症療法のみ。
「あのう、器具や装具を使って爪を治すとかはしないんですか?」
「これで痛くないならいいでしょ」
次回の通院予約もなく。医師、なんだか面倒くさそうでした。

●自分で治せる?…いや、直せる?
 
しかたがないのでネットで他の医院を探していると、通販で自分で出来る巻き爪矯正キットなるものを見かけました。
内容は、極細ピンバイス・超弾性形状記憶合金ワイヤー直径0.4〜0.6㎜まで長さ10センチほどが3本・指のガーゼキャップ・脱脂綿など。
これ、試してみようか?
併せてワイヤー切断用のニッパーを購入。計3000円前後だったかな。

伸ばしてスクエアカットした親指の爪の両端近くにピンバイスで穴を開けます。
ちょっと楽しい(笑)
作業全般、ほぼ工作。
開けた穴に上からアーチ型にワイヤーを通します。
ワイヤーが直線に戻ろうとする弾性で巻いている爪の両端を持ち上げるんです。

太いワイヤーで急に矯正すると肥厚した爪が割れるかもしれないので、細めの0.4を選びました。
はみ出たワイヤーをニッパーでカットして、皮膚が傷つかないようにワイヤーの先端部分を脱脂綿でガードしてガーゼキャップをかぶせて、出来上がり。

結果、その日のうちに痛みは無くなり、1週間ほどで爪の形は正常に戻りました。
ワイヤーをつけてお風呂に入れば、爪が柔らかくなるので比較的すぐに改善するようです。
この方法、病院とかでもやっていますが保険適用じゃ無いのでとんでもない金額を取る所もあるそうなので驚き。
おまけに、知らなかったんですが釣り竿用の超弾性形状記憶合金ワイヤーとニッパーとピンバイスをバラで購入すればもっと安上がり。
結局今は0.5㎜のワイヤーを購入して使っています。
慣れると穴を開ける位置やワイヤーのカットの長さで、脱脂綿やカバーも使わずに過ごしたりできます(ただし靴下はひっかかる)。

直った(敢えてこちらの字)のになぜワイヤーを追加購入しているか?
…そう。
この方法、簡単ですぐ直るのはいいんですが、ワイヤーを外してしばらくするとまた巻き爪にじわじわなっていくんですよね…。
結局巻き爪になるおおもとの原因を突き止めて改善しなきゃいけないってことですか。

追記:ワイヤーでの改善方法は病院によって保険が適用されるところもあるそうです。食い込まれた指側の傷の程度によるという話もあります。 

中年による中年のための、仕事が忙しくても10分以内に作ってちゃちゃっと食べられる簡単なヘルシー(?)朝食2種。

001.
『ちょっと痩せたいときの朝ごはん』

【材料】
バナナ…1本
無脂肪プレーンヨーグルト…200g(パック1/2弱くらい)
生くるみ…ひとつかみの半分
甘みがもの足りなければお好みで蜂蜜とかマヌカハニーとかプルーンジャム少々

【作り方】
バナナを一口大にちぎって他の材料と混ぜるだけ。
(バニラアイスクリームが欲しくなる味ですが、そこは我慢)

「朝バナナダイエット」ってちょっと昔に流行りましたっけ。
起きてバナナを1本食べてから朝食を摂ると痩せるいう…噂に聞いただけなので、真偽のほどはわかりませんが。
上記のメニューは簡単で健康にいいと思って食べていましたが(実際これに野菜を足せば悪くないですよね)、中年になったら乳製品とか動物性の食品は身体と相談して摂取しないと、個人的にはコレステロールが心配…。
でもヨーグルト食べるとお通じはよくなりますよね。


002.
『うんと痩せたいときの朝ごはん』

【材料】
きゅうり…1〜2本
生くるみ…ひとつかみ
ツナ缶…内容量70g1缶(もしくは市販のサラダチキン半量くらい)
顆粒昆布だし…適量
ラー油…適量

【作り方】
①きゅうりの頭と尻尾を切り落として4センチ程度の長さに切り、包丁の腹で押しつぶしてひと口大に割る。
②深めの皿にきゅうりを入れて昆布だしとラー油を適当に振って混ぜる。ツナ缶を加えてさらにざっと混ぜる(サラダチキンの場合はほぐして入れる。ささみや皮を取り除いた鶏むね肉を茹でて割いたものでも)。
③くるみを食べやすい大きさに砕いて加える。

あとはプチトマトをいくつか添えて、豆乳かブラックコーヒー飲んで済ませてます。
くるみは一日7粒食べるとオメガ脂肪酸とかいう成分の働きで血液中の脂肪が少なくなると聞き、1kg単位で買って冷凍してあります。

某痩せるジムのTVCMを見て、おのれより年上の方々がシュッとして若々しくなっていくのに溜息しつつ、しかし20万とか30万とかお金をかけて取り戻すほどの容姿でなし…でも健康は、健康は欲しいの。この体脂肪率はまずいから。
かのジムでは毎日トレーナーにメールで食事を報告してチェックしてもらうそうで、体験したタレントが「毎日きゅうりばっかりかじってる」とぼやいていたのを見かけました。
いいじゃん、きゅうり。
美味しいじゃん。
カッパ、スレンダーじゃん。
…朝昼晩でも全然飽きないんですが、夜作ると肴になって怖いので朝食に食べてます。

小太り中年には朝食にパンケーキなんてオサレな所業は恐ろしくて出来なくなってきました…!

↑このページのトップヘ